豆本的?

cset.jpg

1/3スケールの教科書とノートの着作り方メモ。
メモですので、製作途中の写真はありませんが、テンプレートをおいておきます。

家庭用プリンターでの製作を想定していますが、手間を惜しまず、厚さを望まなければコンビニのコピー機でも作れます。

必要なもの
プリンター(両面印刷機能があれば尚◎)
木工用ボンド
カッター
定規
目玉クリップ

以下は普段お使いのものでかまいせん。()内は今回使用した用紙です。メーカーの商品ページに飛びます。
両面印刷用紙(キャノン/SW-201A4
ラベル用紙(エレコム/EDT-FKM:両面テープで代用可能)
厚紙用紙(サンワ/JP-EM1NA4
光沢用紙(フジフィルム



テンプレートはPDFになりますので、編集できるソフトでご利用下さい。
Photoshop7.0、CS2、イラレ9、10、11、CS2、セブンイレブン、ファミマ、ローソン(コピー機)で開ける事を確認しています。
コメント欄を開放していますが、基本的な質問(開けない、編集、印刷方法等)にはお答えしかねます。

★ノートを作る。

A:表紙
表紙、裏表紙はお手持ちのノート等をスキャンするか、デザインをおこしてください。
販売等しなければ、実際の商品をスキャンしても問題ないとおもいます。
8cm*6cmにリサイズします。
→厚紙に印刷します。A4で4SET分印刷できます。

B:本文
31bd32d9.jpg
この本文をDLできます。こちらを右クリックで保存→note.pdf
→両面印刷します。
そのまま両面印刷でOKでしたが、使用するプリンターによってズレる場合もありますので必ず1SET印刷して確認を。
今回は10枚使いました。お好みでどうぞ。

C:背表紙(製本テープ)
表紙の色に合わせ10cm*1cm以上の長細い画像を作ります。大きめに作って後で切ればいいので、長細いのを並べておく
→ラベル用紙に印刷します。なければ両面テープで。

★組み立てる。

BRXq0w9CQAA07hz.jpg

本文はノド(閉じる側)に少し余裕をもってカットします。
表紙の上部、背部をカット、本文をあわせ、背をそろえます。
木工用ボンドを爪楊枝などで塗り、指で少し馴染ませます。
クリップで挟み、乾くまで放置。
乾いたら、製本テープを貼り付けます。
製本テープの付け方については、検索を。
余分な所を落として完成。


★教科書を作る

以下のテンプレートで好きなように内容を作ってください。
国語は青空文庫に公開されている話も多いので、タイトル検索などでご活用を。

本文用→honbun.pdf

A4で9P(両面で18P)できます。
本文に何も入れない場合は、本文用を必要数プリントしてください。
両面印刷は印刷の向きに注意。
何もない状態で1SET印刷してみるといいかもしれません。

※プロフェッショナルな方ばかりではないとおもいますので、注意を。
両面で続くページにする場合は以下のようにページを配置してください。

honsap.gif

??ってなってる方は実際に番号を振って印刷するとわかりやすいかも。


表紙用→hyousi.pdf

こちらの表紙はキャノンの厚口両面用紙で13枚(26P)位でちょうど良い厚みです。
お好みで背幅を調整してください。
こちらは1組しかありませんが、A4で縦に3つ並べられます。名前ラベルをオマケに入れてありますのでご利用下さい。
印刷は光沢紙をどうぞ。


★組み立てる。

表紙を切ります。
背表紙はガイドにそって裏からでもオモテからでもお好きな方にあさーく切込みを入れます。
今回は外側にいれていますが、見た目が綺麗なのは内側です。
外側に入れた場合、透明フィルム等で保護する(いわゆるPP張り)と豪華さUP。
小さいので、携帯の保護フィルムなんか使えばマットPP、ホログラムなんかもできるよ!(わからない方は無視で)。

本文用を切りそろえます。
背表紙に対して高さが足りなければ、白紙でそろえるか、画像を調整します。

本文が揃ったら、ノート同様にボンドをつけ、背表紙意外にくっつかないようにはさみます。
一度本文を固めて、少しやすりで傷をつけてからはさむ方法もありますが、お好みで。
一番簡単な方法です。

動かないように背表紙辺りにクリップをつけます。
本文が反るので、背表紙が乾いたら、反対側もクリップでとめます(あとがつく場合があるので、紙をかませるといいかも)


1枚目に表紙を1Cにしてはさむとそれっぽく。
cb3866b4.jpg

以上完成です。
学生っ子をお持ちの方のお手伝いになれれば!
→書き込み一覧
書き込む
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。