【人形本体カスタム】垂れ目にしてみた【メイク編】

今回は色々あって記事が相当長くなるのでパテ盛り加工の「ベース編」、メイク〜仕上げの「メイク編」の2部構成です。

画像も多いので、読込には忍耐が必要です。

cas2-006.jpg

前回作ったベースにメイクするよ!

今回の方法は自分的に勉強になった部分が多いですww
後半はまねしたら酷い事に成ります。
どんな風に成るのか見てみた人はやってみてください★

責任は持ちませんけどね。


今回使用したもの
・Mrカラー水性*
・Mrカラー油性*
・パステル
・MrカラーUV
・リキテックスグロスポリマーメディウム
・筆は高級面相と造形村テン毛1号(多分)

まずは水性で。
用具にもかいてますが、サフを吹いたものに油性はつかえません。
水性塗料かアクリル(塗料・絵の具)を使用してください。
この辺りはいつものメイクと同じ。

090216_162201.JPG

もそもそです。
目元は黒くするので適当に塗りつぶしてあります。
コートをかけます。

パステルをたたく。

bm01.jpg

磨きがたりませんでした。
パステルがむらになっとります。

メディウムを塗る。
メイクが決まったら、コートをかけて、艶出し用にメディウムを塗ります。

sei.jpg

清雅のお気に入りの様です。


bm03.jpg

乾いたらアイ調整。
肌色が一番似ていた白來のボディを借ります。
ああ。むらがひでぇ(泣)


mb03.jpg

でも、なかなかよい顔です。

記録用に打ちの面子のヅラを借りて、撮影。

この後始まる悪夢を前にしばし楽しい時間。


mail04.jpg

心枢。
ワンレンが似合わないwww


mail02.jpg

義胡。
サイズの問題で帽子つき。
個人的には可愛い。


maik03.jpg
礼薫。
一番にあうんじゃなかろうかww


maik01.jpg

アリオンのは大きすぎて大変でした。
あ、しまったジェイドのデフォワスレテタww

さて、メディウムも乾燥したし、汚れないようにしまっておこう。
フェイスカバーをかけて、しばらくしてから。
あ、メイクし忘れた場所を思い出した。

取り出す。

・・・・・

唇はげてます。

NOOOOOOOO!!!
というかメディウムがべろんとはがれてる。
厚かったから乾燥が遅いの・・・?
く、唇だけ??

仕方ないのでメイクしなおし。
少し長めに乾燥時間をとり(いつもの倍)
触った感じもOK。
コレなら大丈夫。余分に1時間乾燥させておく。

だい、大丈夫かな?(ペトッ)

べローン(再)

ぎゃあああああああ(号泣)

これは、水性とメディウムの相性の問題なのか。
サフがとけるのを覚悟して油性でなおす。

bm02.jpg

やっぱり少しとけてます。
でも支障はないのでメディウムを塗る。

乾燥したかな?
ぺと

ニュル

泣くにも泣けませんでした。

最悪です。
唇のサフごとごっそりとれました(油性だからね)

どうやら造形村サフ+クレオス+メディウムが最悪の組み合わせの様です。
あと自分的に水性カラーが合わない。

メディウムを諦め、Mrカラーのクリアにします。
コートも油性だとサフの心配が倍増しますが、もうこの際どうにでもなれ状態。
これで駄目ならサフからやり直しですし。

bm04.jpg

最終決戦。
筋入れはもう諦めました。

乾燥の間触らないように、55用のアレンジ着物を作りました(何かしてないと触るので)

55kimono.jpg

愛夜くんにあげます。



・結果・
Mrカラーの皮膜は凄い。
色んな意味で。

少しとけたサフを触らないように調整。

ええ。
触りましたが、何か。

サフをゴッソリ削ってしまいました。
もう皮膜は固まっていますが、筆で埋め、唇に触らないよう身長に慣らします。
パステルを叩いて、コートをうすーく筆つけ。
境目にクリアを塗って埋める。

km01.jpg

なんとか修正。


km02.jpg

ですが、アップには耐えられません。
これ以上弄るとひどくなりそうなので、しっかり乾燥させて送り出しました。
よりにってグダグダで申し訳なかった。

学んだ事は忘れない。
サフを吹いたらメイクはリキテックスにしようと思います。

ちなみに。
サフを吹いたあとは、裏の噛みあわせパーツの掃除も忘れずに。